のだめカンタービレ最終楽章<前編>

 
見てきました、のだめカンタービレ最終楽章<前編>

土曜は結局、終日仕事になってしまったので1回目の上映には行けず・・・

レイトショーに駆け込み、何とか公開初日に見れました



ぎゃぼーー!!


はう〜〜ん!!


むきゃーー!!



まさにそんな感じです



なんつーの?


もうね、とにかくイイ。


見終わったあと、「とにかく映画館で見て!」と友人にメールしまくりました


冒頭から感動。

最後のオケのシーンでは、人生3回目くらいの鳥肌が立ちました。


ネタばれになるので詳しくは書けないけど、2つだけいいっすか?


樹里ちゃんの、


ヤギ と 空気よめ が、サイコーに笑えた(爆笑)


しかし樹里ちゃんはホントにすごい女優さんですな。

あらためて感心&感動した。

表情ひとつひとつが素晴らしい。


ひとりで見に行ってよかったよ〜。

あれ、笑い上戸の友人と行ってたら、まちがいなく2人で大爆笑してたから。


前半はテンポのいい笑いが満載です。

時間があっという間に過ぎます。


後半はピロシの見せどころ。

格段に上達した指揮シーンはホントに感動ものでした


特に指揮シーンはピロシの背中が見れるので、背中フェチにはたまらない。


燕尾服をいでもらって、肌色がける白シャツ姿をガン見したい。・・・とも思った(変態)


パンフレットもいいですね〜

クリアファイルも買いました。


しつこいようですが、絶対映画館で見るべきです

オーケストラの素晴らしい演奏とピロシ&樹里ちゃんの迫真の演技、

是非とも大きなスクリーンといい音響で見ていただきたい


私は感動するとすぐに影響されるタイプなので、

昨日からのだめモードに入ってしまい、部屋が汚いです。





すみません、それはいつものことでした。





あと、本日本屋に行ってきて、「ラブクラシック」と「ぴあEX」を買ってきたんですが・・・、




ぴあEXP39

千秋真一×玉木宏」の麗しすぎるコラボ!!!!


むきゃーーーー


2人で背中合わせに座ってる写真ですよ、奥さんっ!


鼻血ですよ、鼻血


ああああ〜〜〜、顔はまったく同じだが、性質が違いそうなこの2人・・・


目の前にこんな黒王子双子がいたら息をするのも忘れるっちゅーねん。


決めた。これをポスターにしてもらおう、カメラマンに



前売り券がまだ手元に3枚ほどありますので、

あと3回は確実に、

二桁見る勢いでのだめを満喫したいと思います



それでは〜〜、もうそろそろクリスマスですが、楽しんでください。



私は仕事を頑張ります。




ふん。




【an・anピロシ】リアル流川。短編劇場その


「俺の名前は結城美智雄だ」


玉友さんから教えてもらって見てみたらピロシが突然こう言うのでビビリました(笑)

てっきりピロシからのメッセージだと思っていたので。

改めて美智雄としてメッセージをもらうと萌えますね〜。

早く「MW-ムウ-」見たいなぁ。

その前に「真夏のオリオン」だなぁ。

あ〜、楽しみで仕方ない。




今日(昨日)、日中出かけていたおとんが、

レンタルな関係。」を買って夕方戻ってきました。

が出たときも買ってきてくれたみたいなんですけども。


そのときにも思ったんですが〜・・・


赤ら顔のオヤジが、

陳列棚から「レンタルな関係。」というタイトルのめっさ可愛い表紙の文庫本をあえて選んで手にとって、


平気な顔でレジで支払っている姿を想像するとおかしくて


よく買ってこれるな〜と逆に感心してしまう。


ま、うちのおとんはそういうところ無頓着なので。

しかも中身はぜんぜん読んでないと思うので。


しかしそれを、デカイかばんに入れて、また一週間の出稼ぎにも似た仕事に向かう後ろ姿などを見送ると、

なので、ええ、それなりに嬉しいものがあります。


が、現場には似たようなオヤジさんらがいっぱいいるわけで。


いったい誰に「レンタルな関係。」を見せるのかと思うと、


そしてそれをごっつい手で開いて中身をちょっと読んぢゃってるオヤジさん連中を想像すると、




















下手なギャグより何倍もえる。






ありがとうよ、おとん。




さて、「妄想劇場その」。

それに取り掛かる前に「こんな雨〜」のほうの執筆がこれまた結構順調に進みまして、
(まだUPしてない部分が多いんですが)

取っ掛かりが遅くなりました。


明日、とか言って、また遅れてるやんっ!


・・・とか言わないの。





自分が寝ないうちは明日は来ないのですよ、奥さん。



寝てはじめて明日になるのです。

だからまだ今日なんです。

ええ、無理やりなのは頭の片隅で理解しております。



ああ、それとですね、(早く書けって話

昨日飲んでいたワイン

そのままにしてテーブルの上に置いておいたら〜…


使っていたお猪口の中で、ハエ君溺れてました。


昨日の夜も、私の周りをブンブン飛んでうっとうしかったハエ君です。


しばらく観察してたんですが、なかなか生き絶えずにもがいているのです。


何だか可哀想になって救出したんですが、


を整える姿は圧巻でしたよ。


うまいこと後ろ足を使うのです。

おしりのほうで後ろ足こすり合わせてから、体全体撫で付けるんです。


そして、羽の内側に足を入れて、

持ち上げながら、上から下こしょこしょと移動させます。


下までくると、今度はよっこらしょ的に再び羽全体を持ちあげてパサパサっと水分を飛ばすんです。


それの繰り返し。

リピート。



若干、酔ってる感じも見受けられますけども。



そのハエ君


昨日より元気に私の頭上を飛んでいます。


さっきなど、人の顔にへばりつきやがりました。


もう、このまま寿命を全うしてもらおうと思います。


救出した私の責任です。




どれ、2枚目いきます。

ハエ君のせいで、残りのワイン飲みです。

言い換えればラッパ飲みです。

今、ラッパ飲みなんて言葉使うんでしょうか。




それでは、やっと、



【短編のはず】玉木宏と暮らしたら…(その◆



着替えの前に、とりあえずさっとシャワーを済ませた私。


「あ」


胸元に赤い印。


「も…っ、もうっ、○○○め!」


なんて言いながらも顔がユルんでしまうのがわかる。

好きな人につけられる痕は、

どんなものだって幸せの印だ。


髪を乾かして、

ぱぱっとメイクを済ませて、

動きやすい服装に着替えたところで、再びリビングへ。


「ん? いいにおい」


ソファの上には、さっきまで彼が読んでいた本が置いてある。

ふと香りの方向に視線を移すと、

オープンキッチンの向こう側に、彼の背中が見えた。


す、すばやい。

もう何か作ってる。

てか、出かけるんじゃなかったっけ?


「○○○〜? 出かけないの〜?」


声をかけながらキッチンへ向かう。

シンク横に寄りかかった彼は、何だか満足げに微笑んでいて。


「ねえ、」

「ん?」

「なんでミルクパン眺めながら幸せそうなわけ?」


鍋底に手を添える顔がものすごく優しいぞ?

鍋に嫉妬してる私もどうかと思うけど。


「なに作ってんの?」

「教えない」

「……」


出たな、いぢわる。


「教えてくれたっていいじゃん」

「出来てからのお楽しみ」

「……じゃあ、今、なにしてんの?」

「余熱はかってんの」

「余熱?」

「こうやって鍋底に手を当てて、自分の肌で測るのが一番なんだよ」

「ほう」


ふう・・・

こりゃ当分、部屋から出れないな。

何でも一生懸命、さらにはこだわり派。


ま、いっか。

今日一日、まだ十分に時間は残ってるもんね。


「私も手伝うよ」


近寄って、とりあえずボールを手にすると。


「あーっ、いいって!」

「えー、なんでー?」

「お前が手伝うと、倍の時間がかかるし」

「……」


それ、この前の・・・

“ふたりで挑戦、スイーツ大作戦…結果、大失敗”

・・・からの教訓ですか?


「ぶう」

「むくれるなって。美味いの作ってやるから」

「待ってるのヒマだもん」

「いいから座っとけって」


……だってそれじゃ、、、

せっかく合った休日の意味ないじゃん。。


「ジャマしないから」

「?」

「……一緒にやろうよ」


じっと私の顔を見つめる○○○。


「待ってるだけなんてヤダもん…」


いつもそうなんだから。


「手伝わせてよ」


ふたりでいれる時くらいさ。


私の言葉に、

コトン、と鍋を置いた彼は、


「わかった」


シュン…とうつむいていた私の顔をのぞき込んで微笑んだ。


・・・よし。

鍋に勝ったぞ。


顔を上げて「へへ」と笑った私に、


「その代わり…」


ふふんと笑う彼が言った言葉は。


「ミスしたりジャマしたら……」

「? したら?」



「一回ごとに、キスの刑」

「・・・は?」


ドキン、として顔を赤らめれば。


「俺が指定したところにな」

「し、指定……?」


そ、それはどういう……

き、きわど……


「鍋とか冷蔵庫とか包丁とか、言ったところには全部」

「……え゛?」

「サボテン。って言っても従うこと」

「ちょっと……」


こ、この……ドS!!


「ひどっ…」

「じゃあ、まずは手始めに」


突然、ぐいっと引き寄せられた腕の中、

びっくりして体を反らすと、


「俺に、キス」


一回目を簡単に奪われた。



鍋に勝っても、

○○○には勝てないってことで。


そういうことで。



*************




ぎゃぼ〜〜。

し、しんど・・・

あんまり抑えなくていいって言われたのでちょっとサービスしました。

しかし笑いを入れないとどうしても書けません。



ふう・・・

次は3枚目〜〜。

これも明日〜〜。





【an・anピロシ】リアル流川。短編劇場その


まえはら ゆいさん、メールありがとうございます!

わざわざお礼してくださって・・・。

しかしあれだね、ちゃんとお礼とか言える子っていうのはエライよね。

感心してしまう。見習わねばと思いました。

で、こちらこそ、野いちごでの質問コーナー?に投稿ありがとうございましたー。

あれ、質問を送ってもらっても、それが誰からのものかというのはわからなかったんです。

字数制限もあり、流川と唯衣の会話形式で返答させてもらいましたが、参考になったでしょうか、なりませんね(笑)

んと、基本は「ボケ・ツッコミ」です。あそこに書いたとおりです。

あとは言葉の組み合わせとテンポでどうにでもなります。

・・・ますます参考になりませんね。

とにかくありがとうございました。

応援してますよー。素敵なお話期待してまっす!




さて、続きは明日、なんて前記事で書いておきながら本日続きをアップ。


水沢のいう「明日」は文字通りでないことが多いので気をつけろと和歌山市の山田さんがおっしゃってたそうだと風のうわさで聞いたのでそういうことにしておきますが実際何日後をいうのかという質問には面倒なので答えられません。


すみません、仕事で問題勃発して妄想どころじゃなくなってました。

週末の2時間睡眠はかえって取らないほうがいいと思いました。



先日、車におかんを乗せて買い物に行く道中で、

歩道を高校生くらいの若いカップル手をつないで歩いていました。


それを見たおかんが、


「若いとああやってをつなぐだけでもときめくんだろな」


と、ぼそりと呟きました。

私のほうはといえば、そんなことよりおかんの口から「ときめき」なんて出てきたことにウケてしまったのですけども。



おかん
ときめきなんて何処かに置いてきちまったな〜」


水沢
「ふ〜ん」


おかん
探しに行っても見つかんねーべな」




水沢
「・・・見つかったとしても」

















おかん&水沢
「「ってっぺね」」
(訳:腐ってるだろうね)




親子だと改めて実感しました。


こんな話はどうでもいいんです。


an・anの妄想劇場を書いた次の日、素敵な贈り物をいただきまして。

疲れた方には「うほっ」間違いなしかと。

私も「ぎゃぼ」となりましたから。


妄想万歳。


送ってもらったからにはどうなるかわかってますね?!」と、脅迫めいたメールを返したんですけども(笑)、了解出たので載せちゃいます。



というわけで、


【番外編】玉木宏が恋人だったら・・・


今日も疲れた。

最近、疲れたっていう言葉が、何も考えなくても出るようになった。


「マズいなぁ、あたし」


マンションの階段に呟いた言葉が、シンっと響き渡る。

時は深夜。

近所迷惑にならないように、そそくさと階段を駆け登った。



……カチャ



無機質な音を立ててドアノブを廻す。

玄関を隔てたリビングに明かりが点っていた。


「またやっちゃった、私」


朝は時間との戦い。

タイムアタックをしながらメイクをし、着替え、髪を整えるんだ。

だから、たまに、電気を消し忘れる。


あーあ、今月こそ電気代節約しようと思ったのに。



ルーチンワークの様に靴を散らかし、ジャケットを脱ぎながら、リビングに足を踏み入れた。


「…ただいま」


大きなため息と共に吐き出した。

誰も居ないけど、そう声にするのが小さい頃からの習慣なんだ。





「おかえり」


一先ずソファで一服しようと歩き出した私を、暖かい腕が包んだ。


「あ……」



―――○○○・・・





**********




ぎゃぼー。

ぎゃぼー。



ありがとうございました。

激しく萌えました


こんなんだったら毎日残業でもいい。
(毎日残業だけど)




さて、妄想劇場に行こうかと思うのですが、

こういう瞬発的発想ではじめたものは文字どおり持続しない性質の自分でして、すでに続きを書く気分になってないんですけども(笑)、

とりあえず勢いで書いちゃうか〜、でもシラフじゃ書けなそ〜、じゃあんでまえ〜、

で、ワインをなぜかお猪口で飲んでるんですが、気づいたら半分以上減ってました。大丈夫ですかね?

なんだか、さっきから何回も打ち間違えるんですけども。


ま、いっか。


じゃ、思いつくまま続きです↓



【短編のはず】玉木宏と暮らしたら・・・



小さく声を出しながら、そろりとリビングに足を踏み入れる。

窓際に置いてあるソファは、大きく開いた窓から入り込む光で照らし出されていて。


「あれ・・・?」


その上で横になる彼のことも優しくやわらかく包み込んでいた。

どうやら今日は、置いてかれなかったらしい。

よかった。

・・・と思っていいのかな。

寝坊したのは明らかなわけで。

たぶん、寝室から出てきた私にも気づいているはずで。

なのに、彼はといえば・・・本を開いたまま知らんぷり。


あちゃ〜・・・


さて・・・なんて言われるか。


「おはよぉ・・・」


ゆっくりとソファに近づきながら呟くと。


「・・・・・・」


・・・無視ですか。

やっぱりそうですか。


「あの・・・ごめん。寝坊しました」


っていうか、起こしてくれればよかったのに。

っていうか、何か言えってば、○○○。


「遅ぇよ」

「・・・う」

「今日は遠出するって言ったろ」

「・・・はい」

「アホ」

「・・・・・・」


アホって。

ま、いいんだけど。

寝坊した私が悪いので。


「・・・ごめんなさい」


呟くと。

ふっと笑った彼がこっちを向いた。


「ま、いっか」

「え?」

「昨日、遅かったもんな。疲れてたんだろ?」

「う、うん」

「それに」

「?」

「寝かすのも、遅かったもんな」

「…/////」


ちょ、ちょっと・・・

恥ずかしいってば。

しかもそんな……

優しい…っていうか、、、

思い出すような視線で見ないでよって。


「あ、あのさっ」

「ん?」

「その本、おもしろいっ!?」

「……は? なんだ急に」

「……」


なに言ってんだ、私・・・。


「あの…ごめん、ホント。どうする? 今日」

「まあ、予定変更するしかねーだろ」

「・・・だよね」

「それより」

「・・・なに?」

「パンツ丸見えだぞ。早く着替えて来い」

「え? あっ」


くすくす笑う○○○に背を向けて、私は寝室に引き返した。



**********



はい、一枚目しゅ〜りょ〜。


想定が空想の人物ならまだマシなんですが、ピロシかと思うと発狂しそうですわ。

抑え気味に書いてますがものすごく恥ずかしいですね。

抑えなくともいいですか? 大変なことになりそうですけども。


・・・いや、抑えていこう。



次は2枚目〜〜。

たぶん明日〜〜。

いつになるかわからない明日〜〜。






【an・anピロシ】リアル流川。短編劇場その


伶羅ちゃん、メールありがとう!

エルさん、△泙任・・・ありがとうございます。



仕事中、男性友人からメールが入りました。

どうやら今日は休みだったらしく。

たぶん、プラス女性友人も一緒だったと思うんですが。



件名「今TSUTAYA」
本文「減ってるわ」
(注:男性友人)



なんだ?と思い、画像を見たら、





送ってきてくれました。

レンタルな関係。」が出たときもあちこち回って調査してきてくれたみたいで(笑)

自身がほとんど見てないので「ほうほう」と聞いては買ってくれた方たちのことを思い、感謝してます。


まあ、この友人らは何気ない日常をイベントにしてしまうのが大得意の人たちなので。

私も良いネタを提供できたと嬉しいのは嬉しいんですけども。



水沢
「調査ご苦労さまです。全面に並べてきて」


と冗談半分で返信したのですけども、


友人
「了解」




数十分後、




友人
「やったわ」(注:男性友人)







水沢
「・・・・・・ぶっ!」


ラフをきってた用紙の上にコーヒー噴出しましたよ。


私が悪うございました。

「前面」「全面」と打ってましたね。



水沢
「噴出したじゃないの。あんた、怪しまれないうちに早く逃げなさい」


と返信しましたが、ご安心ください、ちゃんと元に戻してますので。

戻してるはずなので。

すみません。





ま、そんな出来事がありつつ、夕方過ぎ。

玉友さんからメールが来ました。



件名「an・an!!」



あ〜、やっぱり素敵だったのね、と。

もう件名だけで興奮が伝わってきたんですけども。

私ものうちに買おうとは思っていたのですが、一日仕事にならない可能性があるので夜のお楽しみにとっておいたんです。



本文
リ、リアル流川(゜□゜;)・・・」









なんですと!?


リアル流川!!??


瞬時にバスタオル姿で髪を拭くイケメンが浮かびまして。

自身が書いた、レンタルの俺様男ですけども。



は、早く見てぇ・・・。



仕事後は本屋が閉まってしまったので、コンビニで買ったんですが、

最初目について手にとったのが特別号で。表紙キムタク氏の。


「あれ? アンアンって今こんなにしっかりした本だっけ?」


とか思いながらページをめくりましたが一向にピロシ出てきません。

っていうかキムタク氏だらけです。


「え〜〜〜??? どこ〜〜〜??」


なんて思ってると、視界の片隅にイケメン




「んあ〜、おつかれ〜。先に風呂入ってたぞ〜」


むしろ


「どこ見てんだよ、俺はこっちだろ」




ハウッッ!!!




こちらにいらっしゃったのね、マイダーリン


いや〜、早い早い。


玉木宏と暮らしたら・・・」の妄想スイッチが一瞬で入った。


いいな〜、この映画館のスクリーンからワンシーンを切り取った感じの写真。

やるな〜、anan、というか女子心をつかむのはさすが。

表紙見ただけで2冊買おうかと思ったし(笑)



っていうか〜〜・・・




マジ、


リアル流川!!


ナイスメールをありがとうございます!!




ぎゃぼーん、ぎゃぼーん、ぎゃぼーん!!


が鳴ってます。


バスタオル一丁の姿ではありませんが、


がっつり濡れ髪です!




いろっぺ〜〜なぁ〜〜。


ちくしょ〜〜〜。





早く帰らなきゃ。

ダーリン、風呂に入って待ってるじゃないの。

(すでに「一緒に暮らしたら」再生始まってます)



中身を見るのはここでは我慢しました。

ええ、変な声が出そうなので。



で、さっきガン見終了したんですけども、

ピロシは4カットです。

一日の流れ的構成ですな。

つか、間、もっと欲しいぞ!?

一ヶ月間連続企画とかにしてほしかった・・・。


が、この4シーンだけでもがっつり妄想できますけども。




妄想劇場いきますか。


せっかくなので。(なにがせっかくなのかわからん)

レンタル続編へむけて指慣らしに?(まだ先ですけども)


一言いっておきますが、レンタルな関係。を書いてたときも「ぎゃ〜〜」とか、ひとりで悶絶してましたから。

ホントはこういうの書くの、めっちゃ恥ずかしい自分ですからっ。

しかし乙女の夢ですから、キュンしてくれる人のために書きましたから、そんな話ですからレンタルは。



からから。



ん〜〜、どれどれ。

1枚目はですねー。

ベッドの上かもしれませんが、これはソファの上と思ったほうがいい感じでしょう。




【短編のはず】「玉木宏と暮らしたら・・・」



日曜日。

「ふぁ〜〜・・・」

ぐっと伸びをして目覚まし時計を見るとAM10:00。

部屋の中はすっかり明るくて。

窓の外には青い空。

眩しさに目を細めて寝返りを打つ私。

「・・・あれ?」

隣に寝てるはずの彼がいなくって。

「あ・・・」

そうだ。そうだった。

今日は出かけようって約束してたんだった。

しかも結構遠くに。

「やばやば・・・っ」

慌てて起き上がる私。

・・・おっと。ちょっとこの格好はヤバイ、かも。

カーテン全開だし。

ご丁寧に窓まで開いてるし。

とりあえず脱ぎ捨ててあった彼の大きめTシャツをすとんと着て。

まだちょっと冷たいフローリングを裸足の足でリビングへ向かう。

あ〜あ。

あの人のことだからきっともう一人で出かけちゃってるよね。

5回に2回は置いてかれるし。

(−−)

居るとしても・・・機嫌の半分以上は不だろうな。

「おはよぉ〜・・・。てか、○○○、いる?」








続きは明日で。眠い。

○○○の部分はもちろんヒロシですがこっ恥ずかしいので書けません。

いつものあなたの玉木宏呼びを入れてください(笑)



イケメン先生につとむくんにラブシャッフル、みたいな。


100年に一度の大不況と言われている最中、友人から今月中に会社を辞めるとのメールを受けました。


「おめでとう!」


私はずっと応援してますよ。

頑張ってたの知ってるしね。

大変だったしね。

気持ち切り替えてまた頑張ればいいさ。



それからご連絡&感謝ラブ

HPのレスページにも載せましたが、智美さん、拍手コメありがとうございます!
本のほうも、そろそろ動き出すみたいな感じです。



さっき、ユーキャンのCMとかメイキングとか見てきたんですが、

で、ついさっきイケメン先生篇のCMを見れたのですが、

ピロシすみれ組の先生なんですねー。

私も幼稚園時代「すみれ組」だったので何だかウレシーぞ!!


ピロシ先生に遊んでもらいた〜〜〜いっ。

あんなこと、こんなこと〜〜して〜〜

〜〜〜ラブ

ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ〜




すみません、取り乱しました。




週間ザ・テレビジョン

あちこちにピロシが散らばってて嬉しい限り。

1/12の東京フレンドパークには「ラブラブシャッフル」チームが参戦なんですねー。


でも〜〜

ピロシに出て欲しかった!!


前に玉友さんのメールで、「フレンドパークを見ながらこれにピロシが出てたら…」とお友達と共に妄想で盛り上がっていた話を聞いたのですが、

それを思い出しました(笑)

いや、内容までは分からないんですけども。



あああああ…



ピロシ」「DAIGO」「谷原さんの三人組で出て欲しかったっ!



やばくね?


この組み合わせだったら。



あ。

変な汗出てきた。




壁に張り付くピロシの姿を凝視したい!

ソノママ!! キープ!! ("▽"*)/




萌えただろ〜な〜




あれですか、「宏」は番組中一人でいいってことっすか?


関口でガマンしとけと。


違うか。



何だかこれ、DAIGOのドラマ番宣みたいですね(笑)

103ページのカトリーヌあやこ氏の「ラブラブシャッフル」注目もDAIGOのようだし。


ですが、見開きのピロシは最高ラブ

可愛い…

黒が似合うな、ホント。



それと、

行政書士「岡田つとむ」くん。

たまらん。

何がって、「メガネ」。


また来たね、メガネ&スーツ。


「ハンサムすぎるスーツ。」


もうこの際、ピロシでそんな映画作っちゃえっ。



ジャージ姿のつとむくんも萌え〜〜。



とまぁ、他にも書きたいことがいっぱいあるのですがとりあえず以上。



仕事始めはどうもかったるいっすね。。。



おやすなさい。


ってまだまだ寝ないけど。




ザ・テレビジョン オムー


まずお礼を。

ゆんぴ様。

非常にハイテンションなweb拍手コメありがとうございました☆

後ほどHPにレスのせます。


しかし幸せだなぁ。

一人歩きをし始めた「レンタルな関係。」ですが、こうやって気に入ってくださる方々がいるってことにホントに感謝します。

ええっと、

「流川直人、何者ですか?」にウケると同時に恋していただきマジウレシス

続編始まったらまたヨロシクです〜パー




さて本日記事。



昼休み、おにぎりとカップ麺を急いで腹に押し込み、本屋へダッシュ。


そうです、よくぞ忘れなかった、この私。


本日ザ・テレビジョンオム発売日にございます。


まず表紙とご対面。



「ひゃ〜〜瑛太っち!」


もうここで嬉しさ倍増。

めんこいぞ〜、瑛太。


え? お猿さん? 的ラブリー瑛太を抱え、目次チェック。



おおう。


瑛太で始まり、ピロシで締め。




ナイス!!



どうせなら裏表紙もピロシにすればよかったのに。



なんて思いながら、


ピロシページへ移動し・・・





即買い。




麗しいピロシに感動。

紙質がいいので、2・3ページ目のアップピロシ


「触れるんでないの?」


みたいなリアル感がありますねー。



もちろんったけどね。



_ピロシ_ρ( ̄∇ ̄o)





写真はもう・・・きっと変態なあなたなら言いたいこと突っ込みたいとこいっぱいだと思いますが(笑)特にピンクピロシ


そこはまああえてスルーし、(乙女なので突っ込めません)


それよりも何よりも、記事冒頭。




「撮影の合間に大福餅ほおばる横顔はなんとも幸せそうで・・・」






・・・萌え。



激しく萌え萌え萌え萌えラブ




「ほおばる」

「なんとも幸せそう」




子供に使うと一気に可愛くなるフレーズ。



それがピロシに使われてるわけですから、


想像しただけで母性本能がウズく!



っていうか・・・・










なんでそこを撮ってくれんの??




7ページ分全部、




















ピロシ大福餅頬張るの巻」





で、いいのにっ!



(* ) ̄囚 ̄(* )…ンマイ。



もっちりピロシでいいのにっ!




【宣伝】

真夏のオリオン」2009年6月13日(土)より東宝系全国ロードショー



しかし雑誌発売が鬼のように続きますな。

発売日は誰かメールください(笑)












大福食いたくなってきた。



どれ。執筆開始しよ〜っと。



皆様良い週末を!



グッジョブ、GINZA


昨日はやや興奮気味でしたので、少し追記しました(笑)↓↓



昼休み、カップラーメンを啜っただけで終わったので30分ほど余裕ができ、ふらっと本屋に行ってきました。


「あ、そうだそうだ、一応ね、やっぱりね、チェックしとかないと」


てなことで、だいぶ前に発売になってる「GINZA」を今頃チェック。


ピロシモノを買い始めるときりが無いんですよねぇ。

特に雑誌なんかは増える一方で。

1ページとか2ページ程度のものはその場でガン見、ガン読して渋々立ち去るようにしてるんですけども。

あ、でも、もちろんピロシ表紙ものはしっかり購入しますけどね。



「まあ、今回も見開き程度のボリュームだろうし」



くらいの感覚で「玉木宏登場」のなんともオーソドックスで分かりやすい表紙の文字に「ふ」と笑いながら「GINZA」を手に取りました。





パラパラパラ……





と捲れればいいんですが、こういう雑誌は静電気をおこしてそうもいきません。





さくっ、さくっ・・・と無造作にページをめくっていくと、









「・・・・・・・・・・・・・・・・べ」






やべ。


やべやべ。






なんだ今の?






もう一度さくさくっと。







「・・・・・・・・・・・・・・ウホ






両手で賞状を受け取ったような状態でレジへ直行



その場でガン見する勇気がありませんでした。


無表情で赤面すること間違いなしだったものですから。








会社まで ダッシュ!!!!!!







慎重にページをめくり・・・・










キタ-----(////)-----ッ!!









グッジョブ!! GINZA!!





なんでしょう、この少年のようなピロシ

軽くチンピラみたいですがガン見するほど



勿論露出に萌えましたが、どちらかといえば私は背中フェチタイプですので(というか写真のピロシ相手にしてもれて直視できずにいただけですけども)、




「ウヘ/// ヤバ///





……もうちょい。


あと数センチ。



ジーンズを下げていただきたい感。



あ、数センチですよ。



全下げはダメです!!!




最後の一枚は死守してっ!!!





よだれをこらえ、



ページをめくり、





え〜〜・・・


ソファのページで、
















私も座っていたソファにれました。



むしろけた。





悶絶&即死です。





昼に啜ったメンからそうでした





けだるいっすね〜。

かったるそうですね〜。



痩せた男の魅力はココっすよ〜。


ダルくて緩いっていうの?


全身からのけだるさですよ〜〜。


わかってるな〜、このカメラマンさん。




ピロシが痩せてから、どうも各誌、中性的なピロシ写真を撮りたがり、

女の子風ピロシが最近多かったじゃないですか。


なんかなぁ・・・と思っていたのですが。



痩せたって太ったって、ピロシの魅力は女の子っぽさじゃないっす!


男臭さがいいのですっ!!!!


しかもセクシーな。


(あくまで自論ですが)




妄想スイッチON。




「どしたの?」

「ああ?」

「疲れてんの?」

「別に」

「何か飲む?」

「いらね」

「何かする?」

「めんどくせ」

「・・・・・・」

「それより・・・こっち来・・・」
























ヤバウィッシュッ!!!





午後の仕事を残して妄想でねなウィッシュ!!



6ページ使ってくれたんですねー。

いいよ〜。いいよ〜、GINZA



イイ仕事してますよ〜。



今のピロシの雰囲気を最大限にいかしてくれてますな。


ええっと、カメラマンさんは・・・と、アライシュンヤ様。


久々のアンニュイピロシ、ありがとございます〜〜ラブ



1

★ランキング参加中

クリックお願いします♪
人気ブログランキング

Author:水沢莉(ミズサワレイ)

遠方組&ひとりINが多めの社会人兼ケータイ小説作家。キャラクターの写真が撮りたいとカメラを始めたのがきっかけで、すっかりTDRのとりこに(*゚▽゚*)インレポ中心の記事をコミカルに書いていきます☆コメント大歓迎です☆
profilephoto

レンタルな関係。続々編

★8/29〜連載開始!
レンタルな関係。続々編
        

profile

selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

archives

recent comment

  • 2014.5/16-5/17 inTDS レポ7
    水沢
  • 2014.5/16-5/17 inTDS レポ7
    もりもり
  • おんどこどんメンズ【TDL編5】
    NATSU
  • おんどこどんメンズ【TDL編5】
    水沢
  • おんどこどんメンズ【TDL編5】
    NATSU
  • おさけをいっぱいのんでる
    水沢
  • おさけをいっぱいのんでる
    けちつけ
  • 写真部復活は再び夏【TDS編1】
    水沢
  • 写真部復活は再び夏【TDS編1】
    S@しろくまマニア
  • 2014.5/16-5/17 inTDS レポ3
    水沢

recommend

recommend

recommend

脱!?レンタルな関係。 (ケータイ小説文庫)
脱!?レンタルな関係。 (ケータイ小説文庫) (JUGEMレビュー »)
水沢 莉
レンタルな関係。の続編です

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
ブログパーツUL5