【小説情報】新作予告。


色々反省した一週間でした。

しかし頂いたピロシ画像を待ち受けにして少し元気になりました(単純)

佑季さんありがとうございます♪ めちゃ好みピロシですラブ

あと、nikoさん、メールフォームよりメッセありがとうございました!

返信してますが、もしも届いてなかったら言ってください汗


よし。また前向きに進もう!


おーーっ!!グー



野いちごでのFANメールで、

「11月から新作開始します」ということを言ってしまったので今日(今日かいっ!)はちまちまとプロット作成をしていました。



こんな感じで事細かに書き込んでいきます。

人物相関図人物像がようやくまとまってきたところです。

おおまかなストーリー構成と章ごとの内容、その他諸々・・・はこれからです。

何とか11月中には開始できるようにしたいです。


なんとか!汗汗


すみません、いつも口ばっかりになってますけども。

いや、ホントにやる気はあるのです、これでも。

でもその度に色々問題勃発しまして。



プロット作成を開始したら、「早く書きたい」という気持ちが沸々とわいてきました。

が、なにしろプロットを作りこまないと書けないものですから・・・

モヤモヤしとります(笑)


「レンタルな関係。」の続編はこの作品が終了次第ってことになります。

FANメでもお知らせしましたが、続編はどうしてもクリスマスを舞台に書きたいって気持ちがありまして。

今から開始してもクリスマス期間に終了できる見込みがないので別作から連載することにしました。

続編待ちだった方、すみません。

でもその分続編を開始したら1作目以上に楽しめるように書くつもりでいますので、待っててくださいね。


・・・・・イヤ?冷や汗


で、今プロットを練っている作品は、レンタルとは全く異なるタイプのお話です。

切ない系です。

に関するお話です。

男の子が主人公です。

今のところまだ仮タイトルですが、

『こんな雨の中で、立ち止まったまま君は、』

・・・って作品です。

もう一個候補があって、それと悩んでますけども。


本当は縦書き用として書きたいと思っていた作品なんですが、とりあえず野いちごで連載します。

ある日「ピン」と閃いたストーリーなんです。

「おおお、これは書かねば!」と。

初めと終わりがまざまざと脳裏に浮かんできました。


なぜか運転中に。自動車プシュー


(笑)


開始したらお暇な方はお目通しください。見る


あと、野いちごでFAN登録してくださった方限定シークレット作品として近々詩カテゴリーでポンと作品UPします。

パスはFANメでお知らせしますね〜。

同時連載ができないタイプなので、昔昔10代前半から書き溜めていたものをちまちまとUPしていきます(汗)

部屋整理をしてたら出てきました(笑)

甘いものは激甘なのでお気をつけください。

なつかし〜な〜。


さて。また一週間が始まります。

頑張りましょう!!グー


今日は坂本ピロシですな〜〜ラブ

学祭2連荘、ピロシおつかれっしたーーパー

行きたかったぞーー!!ぶー


結局そこ(笑)




つま恋帰り。ですが先にケータイ小説大賞受賞レポ。

ただ今、つま恋より帰りました。

軽く、燃え尽き症候群です。

つま恋、参加された方々、おつかれっしたー。

私は月曜参加だったんですけども。
あいにくのでしたが、ピロシが近くて、逆に良かったんではないかと。

イベントレポは明日から開始します。
長くなりそうなので小出しで。じんわりと。

軽くS的に。

フッ。


今日は先に「第三回日本ケータイ小説大賞」の授賞式レポを。

んでもつま恋イベントでかなりお疲れなので軽めにさせていただきます〜。


****

授賞式があった9月24日。
都内にあるホテルにPM1時集合ということだったので、こっちを…何時に出たんだっけな?
既に忘れとります。

東京駅着後、1時間くらい間があいてしまったので、どこかで休憩しようとビル街をふらふらと歩きました。

っていうか、クソ暑いんですけども!!

なんですか?

東京はまだ真夏ですか?

サマーですか?

27℃って。

いや、寒がりなので暑いほうがいいんですけどもね。

しかし到着がお昼だったもので、どこも混みこみ
「少しお時間ください」
言われて待つこと10分

10分って、少しなんでしょうか?

わかりません。


そうこうしてるうちに集合時間間近
「もうええわ」
しびれをきらして外へ。

新幹線全面禁煙なものですからね、とにかくヤニ切れです。
ラッキーなことにすぐ近くに喫煙スペースをみつけ、そこで無事一服し、そのままホテルへ向かいました。

が。

馴れぬ靴を履いてきてしまったため、左のかかと、靴擦れ


い…イタひ…

あ…暑い…



も〜〜〜



帰る(∴`┏ω┓´)/



…と思ったんですが、思ってるうちにホテルを発見してしまい。

逃げ出すわけにもいかず、入りました。


「すみません。水沢です」


受付に行ったんですがね。


「どちらの水沢様ですか?」





…帰ったほうがいいっすか、私。



「あ、え〜と…そこに名前の書いてあるはずの…っていうかありませんかもしかして。あ、これです、水沢です」

「あ、失礼しました」


…びびらせんなよ。。。


それじゃなくとも心臓飛び出すんじゃないかというほど緊張してんのに。

ファイナリストは私の妄想かと思いましたがな。


とりあえず夢ではなかったらしく、「ロビーでお待ちください」とのことだったので、ロビーへ。

ファイナリストさんと思われる方々が結構揃ってます。
談笑してます。
皆、輝いて見えます。
キラキラですよ。


場違いじゃねー?私。


いやね、授賞式終了後、仕事がふつ〜に待ってますから。
戻っても浮かない服装で…ってことであっさり目にしていったんです。

そのせいで、

何だか私だけビジネス仕様


……ふ。


かかとは擦れるわ、名前はスルーされるわ、ビジネス風味だわ…


もう、いいや。

秋元氏を拝めれば。

そんで握手して速攻帰ろ〜っと。



なんて思いながら、キラキラオーラのロビーをスルーし、喫煙室へ向かいました。

私、おもいっきり緊張しぃなんですよ。
顔に出さない努力を必死にしてるだけであって。

火を着けようとライターを手にするも、


ガクガクブルブル……
(`Θ´)/~


吸ってるのか吐いてるのかわからなくなってきた。

穴という穴から煙出てましたよ、たぶん。


ロビーへ戻り、時間になったので受付。
ファイナリストさんと共に控え室に促されます。

そこで何したんだっけな。
何かを書いて、お茶飲んで、結構な時間待ちました。

お隣に祠さん、kikiさん
祠さんとは色々お話させていただきました。
名前が見えた方だけですが、スペース挟んで正面につきさらさん心葵さん

つきさらさん、可愛ぇぇ…
心葵さん、めちゃタイプ…

目の保養。

そうしてウハハ…してるうちに授賞式開始です。


ええ〜〜…

カメラいっぱいあるやん。。
人、いっぱいおるやん。。


やべっ!

名前の書いてある席へむかい、腰をおろしました。
お隣にタイプの心葵さん♪
キャー…嬉しい♪
けど、緊張で話しかけれませんでした。

右隣に矢口さん
気さくな感じの方で、でも終始そわそわしておいででした(笑)
わかります。
私も平気なふりして座ってますが、膝がガクガクでしたのでね。

座ってから気づいたんですが、左手方に審査員の方々。

秋元氏、十和さん、原田由佳さんらがおりまして。

お、だよ、

一瞬舞い上がるも、現状を把握し更に緊張。

こんなに緊張したのいつぶりだろう。


そうだな…


初めてピロシ握手した時ぶりだな。


正確には、


ピロシ≧授賞式


ですけども。


式が始まりましたよ。

ってか記憶が曖昧で。

授賞と登場のどっちが先だったか既に忘れてるんですが、この日、卓球の愛ちゃん瀬戸内寂聴さんもいらっしゃったんです。


これもーー!!

うほ〜い。


で、授賞式の話に戻りまして。


まずJOYSOUND賞。
あれ?
TSUTAYA賞だったかな。


どんだけ曖昧なんだ、私の記憶…
( ̄_ ̄;)



んでもどちらが先でも同じです。
kikiさんの「あたし彼女」でした。

「あたし彼女」は読んでおりました。
なんていうんでしょうか、
言葉回しっていうのかな。
読み始めは衝撃を受けるんですが、言葉のテンポと使い方の絶妙さ。
上手く表現できなくて申し訳ないんですが、、、
「この言葉」のあとに「その言葉」の使い方が巧いな、と思って読んでました。
ひそかにどこかの賞に入るな、と思っていた作品でした。

登壇したkikiさん、「えええ…」という感じでびっくり仰天されてます。

可愛い。。


続いて源氏物語千年紀賞。

矢口葵さんの「LOVE BOX〜光を探して〜」。

名前を呼ばれた葵さん、びっくり仰天です。
壇上に上がっても驚いてる姿がこれまた可愛らしく。
ですが、しっかりと自分のコメントを述べられてました。
さすが。
それだけ想いの詰まった作品だったんでしょうね。

葵さんの作品も読んでました。
切なくて苦しくて、でも最後に幸せな気持ちと前向きな感情を与えてもらえる、そんな作品で。

この賞には矢口さんだろうな…と思っていました。

ので、私の予想、的中

ロトでこれだったら!

思う作品が目の前で賞を授与されてます。


残すところ、優秀賞2作品と、大賞1作品。

賞を取るだろうと予測している作品も3作品。


…もうダメじゃん。


受付で名前を見落とされた私ですから。

かかと擦りむいてる私ですから。

穴という穴から紫煙出してた私ですから。

可愛いファイナリストさんたちに萌えてた私ですから。



何か、ここにいるの間違ってるでしょ?


もう今日は秋元氏と十和さんと寂聴さんと愛ちゃんと握手して帰ることを目標にしよ〜…


とか思い始めてました。

思いながら、帰って仕事めんどくせ〜とか考えてました。


さて、優秀賞の発表。


審査員の原田由佳さんが登壇。

なんでかな〜。
私、原田さん、どっかで見たような感じがするのです。
気のせいかな〜。
わかんない。

う〜ん…思い出せん…

モヤモヤしながらぼんやりと眺めとりました。



が。



「……さんの、レンタルな関係……」



どこで見たんだっけな〜…



あ、会社の人に似てるのかも。



……あ?



…レンタル?



なんか、しょっちゅう目にしてた言葉ですけども。





……って!!




ええーーっ!??



w|;゚ロ゚|w





面白いことに、先に反応してくださってたのが、お隣りの矢口さん。

びくんと背筋を伸ばし、こっちを見てくれ、「きゃー」と言ってくれたものですから、助かりました。
ありがとう、葵さん。
(こっそり感謝)


じゃなきゃ、立てませんでした……



やば。

やばやばやば。



足、足が…

前に進まず。


ふらつく始末。


「そろりそろりと壇上に…」

みたいな司会者のセリフが聞こえましたよ。


何故かそこには反応。



そろりそろりって。




コソ泥かっ!!



ですが、突っ込む余裕ありませんでした。

追い討ちをかけるように痛み出した胃。


執筆中、何度もこれでいいのかと悩み、

全て消してしまおうかと悩み、

最終章まで書けないかも…と悩み、

その度に痛んだ胃。


ぶっちゃけると、毎日下痢でした。


あ、すみません、汚くて。


しかし本当なのです。
かなり精神的ダメージが大きかったのです。
って、こんな事はなるべく書きたくないんですけども。
皆さん同じ気持ちですからね。
自分だけじゃありません。


その胃がまた痛みだし、
恥ずかしながら、胃を抑えながらの登壇。


足が震える。。。


原田さんより賞状を受け取ります。
その手も震えております。

そして目録。
アンド楯。


最後に、


「面白かったです」


原田さんが小さく言ってくださったのです。

そこで我に返り、泣きそうでした。


一次投票や、感想で頂いたみなさんの言葉。

そこにもあった「面白い」という温かい感想

その言葉に助けられ、励まされ、

「読んでくれて、こう言ってくれる人がいるんだから、これでいいんだ」

・・・と、本当に救われたのです。


それを思い出し、涙が出そうになったのですが、堪えました。



司会者さんに、そろりそろり代名詞を頂いた水沢。

壇上で何か聞かれました。

なんだったっけ?

最初の質問は忘れました。

次に「予想してました?」みたいなことを聞かれた気がします。



何なんだよ。



そろりそろりの次は、ホントは期待しちゃってたんじゃないの?


みたいな質問です。

あんたはドSかと。

あたしのこの震え、見えないのかと。

抱きついてやりましょか、と。


めっちゃバイブだぞ、と。


その場では思いませんでしたがね。



え〜と、話があっち行きこっち行きになりますが、
今日は(29日は)つま恋のイベントだったのですよ。

ふと思いまして。

どうせなら、


「今のお気持ちをどなたに伝えたいですか?」


定番の質問をしてほしかったな、と。


カメラ探して、


玉木宏さんです!!」
ε-(=`ω´=)フギュー!!



言ってみたかったな、と。

これ冗談じゃなくて。
つま恋もあるし、報告したいじゃないですか。
良い結果を。
だって本当に頑張ったんだもん。

どこまで聞いてもらえるか分かりませんがね…
でもいつもあのバイタリティと前向きな姿勢に励まされてるのは事実ですから。




え〜と、戻ります。


司会者に反抗するわけじゃないんですが、

本当に苦労し、思い悩んだ作品。


「読んでくれる人が楽しめるように、と思って書いたので、嬉しいです」


と、その言葉は心の底から普通に出てきました。



しつこいようですが、司会者の言葉を借りて、そろりそろりとまた席に戻った私。


放心です。



優秀賞、もう1作品は、夏木エルさんの「告白‐synchronize love‐」。

夏木さんねぇ……

美人なのよ。
もう、イメージ通り。

夏木さんの作品は賞を取ると予想してました。
だって面白いんだもん。
長編なのにあっという間に読み終わりました。

美人さんが壇上で「ええっ」という顔をするというのは、
の私にはたまりません。
萌えます。


いよいよ大賞発表。

予想していた作品が残っているので、たぶんそうだろうな…と思っていたのですが、なんとなんと!

kikiさん、トリプル授賞!
快挙。

秋元氏や愛ちゃんに賞状や花束を手渡された時の「信じられない」という顔と動きを、微笑ましく見てました。


何が何だか分からないうちに授賞式が終わり、授賞者が壇上に残り撮影開始です。

幾台ものカメラ。


どこ見ればいいんじゃいっ!

とりあえず「こっちお願いします」の方向を見てました。

NHKの取材(寂聴さんの番組の。翌日放送になりました)にエルさん、葵さんと共に応じましたが、

完全カット。

いや、分かってるけどね。

「ここカットされますから」とよく言われて「うええっ」と叫ぶ芸人さんの気持ちが少しばかり分かりましたよ。


ふ。


聞かれたのは、寂聴さんがケータイ小説を書いたことに対してどう思うか。
それは知っていたか。
って感じのものだったんですけども。

まず、全然知らなかったと。
そして、凄いと。

名誉実行委員長である寂聴さんがおっしゃってたのです。

「自分は何でもやってみないと気がすまない性分。そうじゃなきゃこの役目は果たせない」と。


やっぱり凄い。

そして改めて尊敬


そうだ。

「自分のお婆ちゃんと比べてどうですか」
みたいなことも聞かれたんだった。



比べ物にならんだろ…



うちの婆ちゃん、
小説とか書けないし。

天気予報恐ろしく詳しくて、
潮の満ち引き時間とか普通に教えてくれるくらい新聞の片隅情報とか詳しいけど。

ヨーグルトをプリンって言うし。

プリンじゃねーって教えると笑うけど、
次の買い物のときにはまた「プリン」って言うし。
面白いけど。



…まあ、そんな感じで終了。

どんな感じやねん。


で、懇親会

お話したい作者さんがいっぱいいたのですが、話しかけることができず。

緊張してダメなんだよね。
情けない。

その場でも原田さんと少しお話できました。

すごく楽しんで読んでくださってたことを知り、本当に泣きそうでした。
流川と唯衣の会話のやりとりと構成を褒めていただきました。

書いて良かった。
そう思えました。

今も、コピペして大切に保存してる読者さんのコメントを読んで気持ちを上げるようにしてます。

ですが、どうにも続編に取り掛かれないでいますが。
すみません。
でもやっぱり書くからにはちゃんと書きたいのです。
せっかく読んでくれる人に楽しんでもらわないと、自己満足にも持っていけないので。
ちょっと休憩させてください。


全ての行程が5時くらいに終了し、帰ってきました。

手短にするつもりが長くなってもた。
肝心なことがいっぱい抜けてるような気がしますが、疲れてるので終了します〜。



頑張って書いてよかったです。

ありがとうございました。



拍手する



まさかまさかの

『レンタルな関係。』ですが、日本ケータイ小説大賞にて優秀賞を頂くことができました。

応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

授賞式の感想とか他作者さんたちとのこととか、書きたいことは色々あるのですが…




ごめん。


明日から東京なの。



つま恋で。


ピロシデートイベントで。



結果がでるまで何も手につかず、明日早い時間から東京へ出発するというのに何も準備できてないのです。



や…やべぇ…



遠足前日の持ち物チェックにも似た珍騒動をただ今部屋で一人繰り広げております。



つま恋より戻ってきたら改めて授賞式とかの感想をUPしたいと思います。

あと、つま恋レポも。



おかげさまで。

ひっそりと、暑中お見舞い申し上げます。

最終記事からすでに一ヶ月以上経っていたんですな…
サボり癖、また出てきました。


つま恋行きも無事決定いたしまして。

行ってきますよー♪

今のところ、あんまり実感として沸いていないんですが。


また記事にしたいと思います。
できればまた、コラボ的記事をUPしたいなぁと思ってます。


今回は、初めてお会いする玉友さん方とご一緒させていただきます。
楽しみ〜♪
こうやって少しづつ、いろんな方とお会いできる機会が増えることを願いたいです。


お盆の帰省ラッシュ、すでに始まってるようですね。
先日、高速バスというものに初めて乗り、池袋まで行ってきました。
叔母のお見舞いなんですけども。

しんどい。
やっぱりバス、しんどい。


そういえば、つま恋もバス。

はぁぁぁ…

まあ、いいでしょう。
ピロシに会えるんですから!


それから。

こちらでもお知らせしていました、『レンタルな関係。』ですが、
無事、携帯小説大賞二次審査へコマを進めることができましたー。

公式サイトにて二次投票が始まっておりますので、
皆様の温かいご一票を心より願います。
m(__)m

ラブコメは初挑戦に近いので、意外に苦労しましたが…
沢山の方に読んでいただけて幸せにございます。


暑さもまだまだ続きますが、
どうぞお体に気をつけてこの夏を乗り切ってくださいますよう。

潜水艦のなかのピロシに想いをはせつつ。



第三回ケータイ小説大賞公式サイト掲載
『レンタルな関係。』
・・・応援、ヨロシクお願いいたします。
 投票は携帯からのみとなっております。


春の競作企画「初めてのxxx。」でご一緒させて頂いておりました五十崎由記さんの書籍情報です。
アルファポリス恋愛小説大賞特別賞受賞作「らしく。」が書籍化されました。



もうひと踏ん張り

お元気でしょうか?
連休はゆっくりできましたか?
って、ご家庭をお持ちのかたは、ゆっくりもできなかったでしょうが・・・

わたしは、連休は大したこともせず、ひたすら執筆しておりました。
もうまもなく終わります。来週中には完結させる予定です。

しんどいーーー。


終わったらちょっと休んで、本とかめちゃくちゃ読んで、ピロシ物いっぱい見て、パワー注入したいと思います。

チマさん、感想ありがとうございますー。
いろいろ、元気もらってます^^ ありがちょー。


短いですが今日はとりあえずこの辺で。

また来週!!



(あ、また地震・・・)


【期間限定宣伝読書
◆春企画『はじめてのxxx。』
※まもなく会期終了です。
◆春企画参加作品『檸檬以上蜂蜜未満で林檎以下』
→連載中です。コメント・評価いただけると励みになります。
ネット小説ランキング>恋愛シリアス部門>「檸檬以上 蜂蜜未満で 林檎以下」に投票
↑ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)
ぽちりとしてやってくださいm(__)m




黄金週間ですね

だーー!!

大声を上げたい気分です。

お久しぶりでっす。

メール送ってくださった方、ありがとうございました。すみません、ちゃんと生きてます。

リンクにも貼ってありますが、「春の競作企画『はじめてのxxx。』」の作品執筆に追い込まれておりまして。
5月中旬までの企画なので、何とかそこまでに完結させたいと踏ん張っております。
しかしPCの前に座ると、固まってしまうんですよ。軽いノイローゼ( ̄□ ̄;)

でも今回は自分の好きなタイプの作品を書けているので、充実はしています。あと…そうだな、4話くらいでしょうか。なんとか書き上げます。
書き上げてからも、じっくり推敲したい作品です。

皆様も、宜しければ拙作に目を通していただければ幸いです。あと、図々しいのですが、ランキング投票もご協力いただけると助かります…

きよこさんの作品『空におちる。』にリンクを貼っていただきました。ありがとうございます。紹介文に軽いプレッシャーと大きな感激を受けました。
きよこさんの作品は、実に清清しい初恋の気持ちが描かれています。「あ〜分かる」という主人公の性格と心情の描写がすごいです。是非、一読あれ!


さて、黄金週間ですね。皆様はどうお過ごしですか?

わたしはカレンダーどおりなので特になにも変化はありません。

連休中に執筆を進ませたいと思っています。

どこかに出かけるにしてもどこも人で溢れているでしょうし。

久しぶりに友達にでも会いたいのですが、休日が一緒じゃなかったりするのでなかなかね。オモシロ話出てきたらまたBLOGにアップしたいと思ってます。

「DUAL」、地元のちっぽけな書店に残ってたのでGET。「25ans」は普通にGET。

「DUAL」は目を通りましたが、「25ans」はまだ表紙ピロシしか拝んでません。相変わらずここ最近のピロシは女の子みたいな雰囲気が漂ってますな。

もうちっと逞しいピロシキボン!!

まあ、美しいから許す。


それでは皆様、良い連休を!


( ̄▽ ̄)/~オチツイタラコマメニコウシンシマスー


【期間限定宣伝読書
◆春企画『はじめてのxxx。』
◆春企画参加作品『檸檬以上蜂蜜未満で林檎以下』
→連載中です。コメント・評価いただけると励みになります。
ネット小説ランキング>恋愛シリアス部門>「檸檬以上 蜂蜜未満で 林檎以下」に投票
↑ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(月1回)
ぽちりとしてやってくださいm(__)m




更新情報【檸檬以上蜂蜜未満で林檎以下 第4話】







チョコ食いすぎてますムニョムニョ




【小説更新情報】
春企画参加作品『檸檬以上蜂蜜未満で林檎以下』、第4話更新しました。

と言ってもここで小説についてのお知らせはしてなかったので、改めてお知らせさせていただきます。


『檸檬以上 蜂蜜未満で 林檎以下』

●あらすじ
「夢とか目標とかこれと言ってないし、何をしたらいいのかもよく分からないけれど、そのうち変われるかもっていう希望みたいなのは持っていたい」
高校卒業と同時に上京した由佳は、一つ年上で幼なじみの敦司の部屋に居候。
不安材料を抱えながらの初めての生活、バイト、恋…待っていたのはなかなかハードな日々でした。

●読みどころ
やる気のない女の子の、心の成長を軸にしたお話です。
いろいろな「初めて」の出来事に遭遇しながら、人との交わりあいによって少しづつ自分を見つめていく…という内容にしたいと思っています。
春は出発の季節でもありますし、読んでくれる人にも新たな発見、または当時の初々しさみたいなものを思い出してもらえればと思います。


3/15 第4話UPdown

第4話「死ぬかもしれない」
歌舞伎町で出会った男に連れられて仕方なく(?)ラブホに入ってしまった由佳。
わたしはこのままこの男とヤッてしまっていいんだろうか…


続きは→『檸檬以上蜂蜜未満で林檎以下』へ。
感想・評価をいただけると励みになりますポッ



【期間限定宣伝読書
春企画『はじめてのxxx。』
春企画参加作品『檸檬以上蜂蜜未満で林檎以下』
野いちごサイトエントリ作品『君の左のポケットで』




野いちご新人賞2008







タコの吸盤、どうも苦手。



…はあ。
やることいっぱいなのに、何一つ上手く進まない!
ピロシのFCイベントハズレるし、
ホテルのウォシュレット勢いが凄すぎて、私どころか、
その辺まで水浸しになるし。


なんですか。
あたし、何かしましたか?



ですが、先ほど気づきましたが、今わたし「野いちご新人賞2008」なるものに作品をエントリーしてるんですが、
ここ最近、全然動きがなかったのに、いつのまにかCクラスにいたんです。

すげ。
びっくり。

でもこれ、Aランクにいないと無理なんですよね、最終まで残るの。

凹。

まだ投票は受付してるので、ぜひ、下記リンクからぽちりと投票してください。
ヨロシクお願いします。

このままでは、ウォシュレットの呪いが解けません。


『君の左のポケットで』




★ランキング参加中

クリックお願いします♪
人気ブログランキング

Author:水沢莉(ミズサワレイ)

遠方組&ひとりINが多めの社会人兼ケータイ小説作家。キャラクターの写真が撮りたいとカメラを始めたのがきっかけで、すっかりTDRのとりこに(*゚▽゚*)インレポ中心の記事をコミカルに書いていきます☆コメント大歓迎です☆
profilephoto

レンタルな関係。続々編

★8/29〜連載開始!
レンタルな関係。続々編
        

profile

selected entries

categories

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

archives

recent comment

  • 2014.5/16-5/17 inTDS レポ7
    水沢
  • 2014.5/16-5/17 inTDS レポ7
    もりもり
  • おんどこどんメンズ【TDL編5】
    NATSU
  • おんどこどんメンズ【TDL編5】
    水沢
  • おんどこどんメンズ【TDL編5】
    NATSU
  • おさけをいっぱいのんでる
    水沢
  • おさけをいっぱいのんでる
    けちつけ
  • 写真部復活は再び夏【TDS編1】
    水沢
  • 写真部復活は再び夏【TDS編1】
    S@しろくまマニア
  • 2014.5/16-5/17 inTDS レポ3
    水沢

recommend

recommend

recommend

脱!?レンタルな関係。 (ケータイ小説文庫)
脱!?レンタルな関係。 (ケータイ小説文庫) (JUGEMレビュー »)
水沢 莉
レンタルな関係。の続編です

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
ブログパーツUL5